スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Network Location Awarenessエラー:依存関係サービスが起動できないエラーについて

タイトルの通り、ある日Windowsを立ち上げると、「Network Location Awarenessサービス」で
エラー メッセージ "依存関係サービスまたはグループを起動できませんでした。" と表示され、
Windowsの「ネットワークと共有センター」の表示が「不明」になり、一切インターネットに
つながらなくなる不具合について。

この不具合の恐ろしいところは、インターネットに一切接続できなくなるという重大な影響があり、
さらに解決策に関する情報が全くと言っていいほど無く、最終的にシステムの復元または、
バックアップファイルを取っていない場合クリーンインストールするしかないという選択に迫られるという
恐ろしい事態が発生します。

自分も今までに2回この不具合に遭遇して解決策が見つからず、泣く泣くクリーンインストールを
してきたのですが、今回3回目にして遂に解決策が見つかりました。
解決策の内容はとてもシンプルで、以下の手順を踏むだけで復旧します。
 ①コマンドプロンプトを管理者として実行
 ②コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行
  net localgroup administrators localservice /add
  net localgroup administrators networkservice /add
 ③Windwosを再起動
 ④再起動後、エラーが解消されインターネットに接続できるようになります

この記事が同じエラーに遭遇してしまった方々のお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト

Windows版ドラゴンクエストX ベータテスト感想


    _ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、   誰  作   こ
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ  だ   っ   の
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|   あ   た  ゲ
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/    っ   の  |
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」')   !!  は  ム
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )           を
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|

World of Warcraft FPS向上

最近自分で試してみて、特に効果があったもの。
OrgrimmarでFPS60~70程度だったのが、常時100超えるようになりました。

Hyper-Threading を無効化する
※Hyper-Threading に対応していない Core-i5やそれ以前のCPUでは無関係です

1. BIOS を起動
2. CPU の設定を選択
3. HT Technology を off にする


例えば CPU は 4コアなのに、Windows のタスクマネージャで
8CPUに見える場合はこの機能が有効になっている。
これは 1つの CPUコアを Dualプロセッサー仮想的に動かす技術で、
並列処理を効率良く処理するらしいけど、
コア数が増えても各物理CPUコアの処理能力は下がってしまい、
World of Warcraft ではこの機能を使わずに物理CPUコアを最大限
使うようにする方がパフォーマンスが上がる模様。

CPU関連
事前に World of Warcraft\ 直下にある以下ファイルのプロパティを開き、
"管理者としてこのプログラムを実行する"にチェックを入れる。

World of Warcraft Launcher.exe
Wow.exe
Wow-64.exe


World of Warcraft\WTF フォルダに Config.wtf が格納されているので、
以下の設定を追加する。

SET processAffinityMask ""
 ""の値は以下のように設定。
 Core i7 HT無効= 14(Core0以外の物理コアを全て使うようにする)
 Core i7 HT有効= 84(Core0以外の物理コアを全て使うようにする)
 
 Core0 を wow で使わないようにする理由は、Core0 は Windowシステムや
 バックグラウンドで動作しているプロセスで使用されるので、それ用に
 リソースを確保させた方が動作が安定するため。
 設定後 wow を起動し、タスクマネージャ→プロセス→Wow.exe→関係の設定で
 CPU全てにチェックが入っていることを確認。
 ※元々2コアを使うようになっているので、4コアから効果を発揮するようです。

SET coresDetected ""
 ""の値は物理CPUコア数を設定。

SET gxTextureCacheSize ""
 ""の値は、グラフィックカードメモリ容量の75%にする。
 ※GTX570メモリ1280MBの場合 = SET gxTextureCacheSize "960"

SET timingMethod "2"
 multi-core processor で設定するとパフォーマンスが上がるらしい。
 Core i7 2700K で試したところ、FPS が若干向上。

SET M2Faster ""
 WoW Client が画面描写に使用する CPUスレッド数を追加。
 ""の値は、使用している物理CPUの Core数に合わせて設定する。
 1コア = 0
 2コア = 1
 3コア = 2
 4コア~ = 3

 Adds additional threads used in rendering models on screen
 0 = no additional threads
 1 - 3 = adds additional threads to the WoW Client)


その他、情報源
以下公式フォーラムの詳細ガイドが参考になります。
Detailed info for Improving FPS

その他には以下があるけど、消費電力の増大やCPU温度の上昇といったデメリットも有り。
・Windows の電源プランの設定を高パフォーマンスにする
・BIOS で C1E(アイドル時にCPUクロックと電圧を下げる)を無効にする
・BIOS で EIST(CPU負荷に応じてクロックと電圧を下げる)を無効にする

Proの配信

最近CdewのRshm、MassiveのDK、VanguardのRetなどを
配信でよく見るけど、操作がおそろしく速くて正確なのがとにかく目に付く。

もっとうまくなるためには固定チームでやって戦術を詰める以上に、
キーバインド、マクロ、UIをもっと最適化してブラインドタッチでさらに素早く正確な操作が
できるように練習する必要があるように思った。

Proの配信見てると、操作技術の時点で明らかに力量の差を感じる。

swifty movie

アカウントBANから復活したと思ったらまたこんな動画作ってた。
NERF WARRIOR INCOMING!

検索フォーム
リンク集
カウンター
広告
世界時計
プロフィール

cigar

Author:cigar
Cigard#1641
Warrior、FeralDruid、RestShamanでArenaしてます

Blackrock/Horde
Tichondrius/Horde
Proudmoore/Alliance

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。