スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(再考)敵のBuff/自分・味方のDebuff/敵のCoolDown監視について

敵のCoolDown監視
■監視対象とするスキル選定の考え方
①CDアップ/ダウンを予め把握しておけば、先手を打って対処できるもの
②CD間隔が短く、Addonで見ないとCDアップ/ダウンの把握が難しいもの
③CD間隔が長いスキルの中でも特に危険なもの

■監視対象スキル一覧
使用するAddonはIcicleとAfflicted3。

・Anti-Magic Shell(45sec cooldown)
CasterDPSと組んでいる場合、このスキルが上がっているかどうかで
積極的に狙えるかどうかの判断に大きく影響する。
オフェンシブに使ってきたら、その後狙う価値あり。
CDダウン中,Bad Position,Unholy Pressenceの時などは当然狙うべき対象となる。

・Barkskin(1min cooldown)
CDダウン中にこっちのバーストが上がっていればチャンス。

・Typhoon(30sec cooldown)
CDアップ中は内側に回られて下に落とされないようにするべき。

・Freezing Trap(30sec cooldown)
CDアップ中はHunterと味方Healerの位置関係に注意を払い、
接近してきたらTrap入れに来る兆候なので、Trap踏みにいくなら
その時点で味方Healerへ走るアクションを取る。

・Ring of Peace(45sec cooldown)
Meleeだと全然ダメージ出せなくなる。
Ring of Peace(45sec cooldown)でこちらの2min,3minバーストを
凌がれるのは割に合わないので、CDダウン中にバーストするか、
MonkをCCしてバーストする必要がある。

・Cloak of Shadows(1min cooldown)
Anti-Magic Shellと考え方は同じ。
CasterDPSと組んでいる場合、このスキルが上がっているかどうかで
積極的に狙えるかどうかの判断に大きく影響する。
オフェンシブに使ってきたら、その後狙う価値あり。

・Psychic Scream(30sec cooldown)
CDアップ中は以下のように気を付けること。
・DPS視点
 味方(特にHealer)と一緒に巻き込まれて食らわないようにする。
 味方HealerのDispel範囲外で食らわないようにする(特に自己解除が無いクラス)。
・Healer視点
 敵Priestから距離を取る、Snareを入れる、味方を巻き込まない位置取りを意識する。
 
・Thunderstorm(45sec)
Typhoonより吹っ飛ぶ勢いが凄い。確かSnareも入る。
CDアップ中はマップ端まで絶対に追わないこと。
迂闊に追うと、味方Healerの視線が通らないBadPositionまで飛ばされて
45secより長いこちらの防御スキルを切らざるを得ないことになる。
Daralan Mapで反対側に落とされるのが特に要注意。
CDダウン中は積極的にプレッシャーをかけたい。

・Shamanistic Rage(1min cooldown)
ダメージ40%カットで効果時間15secなのでかてえ。
オフェンシブに使ってきたら、その後狙う価値あり。
これもCD1minなので、いつの間にか上がって耐えられたみたいなのはありがち。

・Tremor Totem(35sec cooldown)
Talentの効果でcooldownは実質35秒。
Tremor Totemが上がっている内は、ShamanにStunなどを入れて置かせないように
しつつFearを合わせるといったことが常套手段となる。

・Howl of Terror(40sec cooldown)
Psychic Screamと考え方は同じ。
CDアップ中は以下のように気を付けること。
・DPS視点
 味方(特にHealer)と一緒に巻き込まれて食らわないようにする。
 味方HealerのDispel範囲外で食らわないようにする(特に自己解除が無いクラス)。
・Healer視点
 敵Priestから距離を取る、Snareを入れる、味方を巻き込まない位置取りを意識する。

・Berserker Rage(30sec cooldown)
CDアップ中にFearは狙いたい。

・Deep Freeze(30sec cooldown)
CDアップ中はオフェンシブに行ってはならない。
Godcompなどは、SilenceとDeepFreezを合わせて使ってくることが多いので、
自分と味方Healerの位置関係だけではなく、3人目の狙われていないDPSは
仕掛けてきたらすぐに止められるように意識しておく必要が有る。
例:DPS1がDeepFreezされ味方HealerがSilenceされた状況で、
  3人目のDPS2の支援が無ければ、そのまま殺されるかDefCDを大量に使わされて
  戦況が一気に負けに傾くので、自分が狙われていない時に誰をどうやって止めるのか
  明確にしておく必要が有る。

・Cold Snap(180sec cooldown)
Ice Blockが後何回使えるかの目安に。

・Shadow Blades(180sec cooldown)
CDアップ中はオフェンシブに行ってはならない。
Smoke Bomb+Stunlockも同時にやってきたら、
Trinketと"Oh shit"macro(DefCD緊急回避マクロ)を
条件反射で切っていいレベル。

・Smoke Bomb(180sec cooldown)
CDアップ中はSmoke BombのためにTrinketを温存する必要がある。
CDアップ中でTrinketが無い場合、味方Healerと近めのポジション取りつつ
低Healthにならないようディフェンシブに戦う必要がある。

敵のBuff
敵の主要バーストスキルとディフェンシブスキルを、
GladiatorlosSAで発同時にアナウンスさせ、
PlateBuffで効果時間をNamePlate上部に表示させる。
CD監視は数が多すぎて雑多になる/2-3minCDなら試合の流れで
大体把握できるのでAddonで表示しない。

ShadowBladeは危険すぎるので、TellMewhenで画面中央に大きく表示。

自分・味方のDebuff
DP、FBは危険すぎるので自分・味方に入ったらTellMewhenで画面中央に大きく表示。
Debuffが入った瞬間即座にMage/PriestをPeelしにいく。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
リンク集
カウンター
広告
世界時計
プロフィール

cigar

Author:cigar
Cigard#1641
Warrior、FeralDruid、RestShamanでArenaしてます

Blackrock/Horde
Tichondrius/Horde
Proudmoore/Alliance

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。