スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warlords of Draenor

長かったS15が終わりました、Mist of Pandariaもこれで終了です。
S14では一応目標にしていたGladiatorを取れたのが感慨深かったです。
一緒に遊んでくれた皆さん、どうも有難うございました。
次シーズンは待望のSkirmish Arena(Pug Arena)が復活するということで、
とりあえずWoDも引き続き遊んでみたいと思います。

次シーズンからは根本から大きく変更が入るため、次シーズンが始まってからNoob扱い
されないためにはどうすればいいか、を考えてみました。

①プレーするクラスの選択
いったん仕様がリセットされるのでどのクラスを選んでもみんな覚え直しなのは同じですが、
Meleeやってきた人はMelee、
Casterやってきた人はCaster、
Healerやってきた人はHealer、
という流れに基本的にはなると思います。

自分はWarriorなのでMeleeクラスのどれかから選ぶ予定ですが、
新仕様でどのクラスが一番自分に馴染むのか、実際にMeleeクラスを
一通り触って決めたいと考えています。
あとは、できるだけOPクラスをピックできるようにするために、
最低2クラスは動かせるようにしたいです。
Arenaはやはりある程度の強構成、勝てる構成でやるのが強く推奨されます。
敗因の主要因が「構成負け」ということになると、非常に改善し難いのでストレスが溜まりますし、
他プレイヤーもそんな構成は基本やらないので情報が得られません。

②PatchNoteの確認
今回は根本的に仕様が変わっていて、実際にやってみないとわからないと思いますが、
ある程度勝ちたければ、PatchNoteの現時点の内容は全て把握し、ある程度内容が固まってからは、
Arenaに影響あるかどうかの変更は毎週チェックすべきだと考えます。
そうしないと、シーズン開始直後の実戦はほぼ手探り状態でこれから上手くなろうという時に、
試合終わった後主に↓の内容を把握できない(要は何が起こったかわからない)ので効率が悪いです。
・相手にXXXをやらせたから負けた
・相手にXXXをやらせなかったから勝てた
・自分たちがXXXをできなかったから負けた
・自分たちがXXXをできたから勝てた
The Iron Tide: 6.0.2 Patch Notes
http://blue.mmo-champion.com/topic/344334-the-iron-tide-602-patch-notes/

③スキルローテーションの確認
MeleeDPSにおけるスキルローテーションは最も重要な要素の一つです。
おれが考えた最強のスキルローテーションみたいなのは外人に任せて、
Icy Veinsなどで最適なスキルローテーションは常にチェックしたいです。
今の段階だと、PTRでトップレイダーのRaid配信があれば、Talent構成、
スキルローテーションなどを真似て動かしてみるのが良いかもしれません。
Icy Veins
http://www.icy-veins.com/

④自分の手本となるTop PvPプレイヤー配信を見つける
Twitchなどの配信サイトなどで、自分の手本とするプレイヤーを見つけるのは
最も重要な要素だと思います。
一例として、自分はS14-15でWarriorのDPSが低いのに悩んでいましたが、
BloodxeuというEU Top Warriorの配信を参考にして動きをトレースした結果、
20K前後だったDPSが一気に30K前後叩き出せるようになり、ArenaのRateも
目に見えて伸びました。
Bloodxeu
http://www.twitch.tv/bloodxeu/profile

⑤Top PvPプレイヤー配信のトレース方法について
Top PvPプレイヤーの動きをトレースしようと思い、以前はただ漠然とLive配信を見ていましたが、
それだと何が起こっているのか、どういった意図があるのか、など一つ一つの動きを
細かくトレースすることができず、実際に自分のプレーに活かすところまでは
落とし込むことができませんでした。

そこで考えた方法が次の内容です。
1.Twitch Toolsというサイトでアーカイブ化された動画ファイルをダウンロード
2.ダウンロードした動画ファイルを、Gom Playerという動画プレーヤーでスロー再生する

Gom Playerは0.2倍速までスロー再生出来ますので、Action Barアイコンとキャラクターを見つつ、
GCD1個単位レベルで細かく動作を確認することが出来ます。
ここで確認する内容としては、細かく挙げればキリがないですが、例えば、
・DPSローテーション(平常時)の確認
・DPSローテーション(バースト時)の確認
・敵・味方の特定Buff/Debuff有無などで、DPSローテーションが微妙に違っていないか
・相手クラスによってDPSローテーションが違っていないか
・クールダウンスキル(大体クールダウンタイム30秒以上)の使い所
 例:敵Rogueの Kidney bombを予め防ぐために、先読みでDie by the Swordを使った
・Targetを変えた際に、なぜTargetを変えたかを一つ一つ考える

基本的には、
・スロー再生でGCD1個1個の使っているスキルと対象Targetの確認
・その時に敵・味方に入っているBuff/Debuff状況
・その時に敵・味方でクールダウン中のCoolDownスキル(大体30秒以上のやつ)
・その時の敵・味方の位置関係(ポジショング)
を確認しつつ、Top PvPプレイヤーのGCD1個1個の意図を出来る限り理解して、
自分のプレーに反映させていくというイメージです。

今シーズンは、自分はWarriorのDPSローテーションに絞ってこのような確認を行い、
20K前後だったDPSを30K前後は出せるようにしました。
まずはダメージの出し方を最適化するだけでも、劇的に実力が伸びると思います。

沢山の試合をスロー再生で1試合通してGCD1個1個全部の意図を確認して理解する
という作業に関しては、何度も巻き戻したりメカニズムを調べたりで膨大な時間が
かかるという点で、実際に実践できるかどうかという意味では非常に厳しいと思いますが、
ある程度のレベル(S15 2400くらい?)から実力を伸ばすためには、結局のところ
遠回りのようでこの方法が最も効率的ではないかと感じています。
Video Download - Twitch Tools
http://www.twitchtools.com/video-download.php
Gom Player
http://www.gomplayer.jp/

⑥現状分析と改善について
改善するには自分自身の動きを客観視して正確に把握する必要がありますが、
これは記憶に頼った主観だけでは不可能ですので、BandicamやFrapといった
動画キャプチャソフトウェアを活用して自分のArena動画を取っておきます。
自分はTwitchで配信したものを後でダウンロードしています。

自分のArena動画を確認する際も、スロー再生でGCD1個1個を確認し、
手本とするTop PvPプレイヤー動画の動きと自分の動画の動きを比較して
足りない部分や間違ってる部分を確認し、次回Arenaする際に自分の動きに
アレンジを加えることで改善していくといった感じです。
Bandicam
http://www.gomplayer.jp/bandicam/
Fraps
http://www.fraps.com/

⑦まとめ:とにかく効率良くRate伸ばしたい人向け
・スロー再生でGCD1個毎に下記確認
 - 配信者のGCD使用スキルと対象ターゲット
 - 敵味方の位置関係(ポジショニング)
 - 敵味方のHealth/Mana状況
 - 敵味方のBuff/Debuff状況
 - 敵味方のCDスキル使用状況
・とにかく同じ状況が来たらプロ勢と同じ行動(再現)ができるようにする
 →最初はなぜそうするかまで考える必要はない、理解は後でついてくるはず

⑧相方について
①~⑦がどんなに完璧でも、態度や言動が基地外だと組んでくれる人は稀です。
気をつけましょう(自戒を込めて)

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
リンク集
カウンター
広告
世界時計
プロフィール

cigar

Author:cigar
Cigard#1641
Warrior、FeralDruid、RestShamanでArenaしてます

Blackrock/Horde
Tichondrius/Horde
Proudmoore/Alliance

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。