スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム解散、そして最近の課題

Rivendareに移動した外人FMPは、時差の問題で週に数時間しか
できない状況が続き、残念ながら解散することに。
ある程度Skilledな外人だと、流暢な英語を話せないと大抵門前払いを
受けてしまう中、色々配慮してくれて感謝。
今まで到達したことが無いRatingで戦えて大きな経験を得ることができた。

Feralは知り合いのいるBlackrock/Hordeへ移動。
とりあえずRating/勝ち負けにはこだわらずに、いろんな人と組んで
レベルアップしていきたい。
Rating2200は、FMPで何度チームを変えて達成しているので、
次の目標はJungleCleaveで2200を達成すること。

最近の課題はこんなところかな。

(1) Arena1,2,3でFarieFireを使う
Rogueが居る場合は、常時FarieFireを入れておくと非常に有効。
Cloak of ShadowをしないとVanishできない状態になるし、Restealthもできない。
特にRogueとかFocus外れるクラスは、Arena123じゃないと常時FarieFireキープは無理。

それ以外にも、Healerに入れてTrapをDispellされにくくする、
Rootを入れる相手にFarieFireを入れておき、RootをDispellされにくくする、
FeralにHibernate入れる前に、FarieFire入れてDispellされにくくする、など。。。

(2) Arena1,2,3でSkullBashを完璧に使いこなす
用途はCastCCの阻止(Poly、Fear、Hex、Cyclone etc..)と、BigHeal阻止。

完璧に使いこなすというのは、↓のようなイメージ。
・Targetしなおし、Focus入れなおし、マウスオーバーなど予備動作一切なしで、
 即反応してキャストを止められるようになる。
・即反応してSkullBashを発動するのではなく、Castバーを見てFakeに引っかからない。

Arena1,2,3でSkullBashを使うまでは、ターゲット以外がCastCCしてきたら全く
止められてなかったな。
あと、Arena1,2,3でSkullBashを完璧に使いこなすために意識していることは、
・試合が始まって構成が見えたら、以下のような感じでCCSpell名とArena target番号
 をマッピングさせる。
「WarlockはArena1か、Fearのアナウンスが聞こえたらArena1 SkullBashだな」
「RestShamanはArena2か、Hexのアナウンスが聞こえたらArena2 SkullBashだな」
「MageはArena3か、Polyのアナウンスが聞こえたらArena3 SkullBashだな」
・SkullBashがいつでも打てるように、最低限のEnergyを確保する。
・CCが来そうなときはスキルボタン連打を避ける(GCDでSkullBashが打てないことがある)
・SkullBashは13yard内で対象の正面を向く必要があるので、敵CC持ちの位置取りを常時把握し、
 「すぐに打てる状況なのか」「CastCCがきたらどっちを向けばいいのか」を常に意識する。
・CCSpell名のアナウンスが聞こえたら、いつでも発動できるように反応し(キーに手が
 かかっている状態)、同時にFakeにかからないよう相手のCastBarをすぐに確認する。

(3) Healerの位置、自分のHealthを常時頭に叩き込む
・下がるべき時に、素早く味方Healerが戻って欲しい位置に戻れるようになる。

(4) 相手Healerと敵DPSとの位置関係を常時頭に叩き込む
・立ち位置の悪い敵に有効なTarget Swapができる。
・相手Healerから敵DPSの視線が切れるように誘導できる。

(5) 上手い人の動画を見て何が自分より上手いのかを確認する
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
リンク集
カウンター
広告
世界時計
プロフィール

cigar

Author:cigar
Cigard#1641
Warrior、FeralDruid、RestShamanでArenaしてます

Blackrock/Horde
Tichondrius/Horde
Proudmoore/Alliance

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。