スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jungle Cleave

最近は主にJungle Cleaveで遊んでます。
特徴はこんな感じ。

・構成名
Jungle Cleave
・概要
HunterとFeralの2DPSに、HealerがShamanかPriestかPaladinという構成。
Hunterに非常に高い技量が要求される。
・特徴
- Hunter、Feralによる高バースト力と豊富なCC。
- Hunterの敵HealerへのTrap成功率が勝負の分かれ目になる。
- Trapは止められやすいので、事前準備とチーム内の連携が必須。
 *Scatter>Trapを決めにいく際は、必ずコールして味方に認識させる。
 *邪魔に入りそうな敵DPSにCyclone等を入れて足止めしておくとTrap決まりやすい。
 *事前にGrounding totemを壊しておく。その他Trapに重なりそうなTotemは事前に壊す。
 *密集状態でTrapを決めるのが難しい場合は、敵DPSをある程度敵Healerから
  引き離すように誘導するなどする。など…
- HunterがDPSを出せないところでは無理に戦わない。
- Druidは状況に応じてInstantだけではなく、Cast Cyclone/RootやBear Charge/Bashなどで
 敵DPSを止めにいく判断が必要。
- DruidはInstant Castを打てない状態でも、HunterがTrapを確実に決められるのであれば
 HardCastしてでも敵にCCを入れる価値はある。
- 敵Healerの解除Trinketが使用済みの状態で、再度CCが回りだした時点でバーストが一般的。
・カウンター構成
RLS(Rogue+Lock+Rshm)
MLS(Mage+Lock+Rshm)
ShadowPlay(Spri+Lock+Rshm)

ShadowPlayと対戦したとき、Trapを決めてもSpriに消されるのは相当厳しいと思った。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
リンク集
カウンター
広告
世界時計
プロフィール

cigar

Author:cigar
Cigard#1641
Warrior、FeralDruid、RestShamanでArenaしてます

Blackrock/Horde
Tichondrius/Horde
Proudmoore/Alliance

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。